危篤で葬式の準備はした方がいい?やるべきことや注意点を解説!

葬儀
病院から安置所への搬送を急がれている方へ
家族のご危篤や急なご逝去により、記事を読み込む時間がない無い方は、
下記感謝のお葬式へ電話でのご相談をおすすめします
0120-949-823

急な病気や事後などで医師から危篤と伝えられた時、何を準備しておけばいいのか混乱することが多いです。

辛い状況であっても万が一のことを考え様々な準備をすることが大切ですが、まず葬式について考えると思います。

しかし、危篤であってもまだ分からない状況にも関わらず葬式の事前準備をするのは常識的に問題ないのか不安になりませんか?

また、葬式の準備はどこに連絡をしておけばいいのか、事前に把握しておくといざ準備する際に焦りません。

今回は、下記のような悩みや不安を抱えている方必見。

・危篤とはそもそもどのような状況なのかを知りたい
・危篤と医師から伝えられた時に、葬式の準備はした方がいいのか
・葬式の準備をする際のやるべきことや注意点を理解しておきたい

本記事では、危篤で葬式の準備はした方がいいのか、やるべきことや注意点を解説していきます。

危篤とは

危篤とは

危篤という言葉を聞くと、危険な状況であることはわかると思いますが、実際にどのような状況なのか詳細をご存知でしょうか。

明確な基準はなく医師が判断しますが、危篤は基本的に回復の見込みがなく生命の危険がある状態のことです。

危篤と告げられても持ち直した小康(しょうこう)状態になることもありますが、基本的には数日以内に亡くなることが多いです。

重篤との違い

危篤と似ている重篤という言葉があります。

重篤と危篤の違いとしては、主に回復の見込みがあるかです。

危篤は回復の見込みがないと医師が判断した際に告げられますが、重篤の場合は症状の状態自体が和悪いことで回復の見込みはあります。

【まとめ】
・危篤は回復の見込みがなく生命の危険がある状態
・重篤は症状の状態自体が悪いことを表す言葉で回復の見込みはある
・危篤と重篤の違いとしては主に回復の見込みがあるかどうか

危篤で葬式の準備はした方がいいのか

危篤 葬式 準備

危篤だと医師から診断された時、葬式の準備をするのは不適切なのか疑問に感じるかと思います。

結論から言いますと、危篤状態であれば葬式の準備はしても問題ありません。

理解はしていても、死亡が確定した際には気が動転してしまい適切な行動を取ることが難しくなります。

危篤の場合にやるべきことはありますが、本記事では大きく2つご紹介します。

やるべきこと

危篤状態だと医師から告げられた際、混乱してしまい何もできない状況になることもありますので注意が必要です。

本記事では「葬儀社に連絡」「親族に連絡」の2つ解説していきます。

葬儀社に連絡

亡くなった際に何をすればいいのか、どのような手順なのかを理解するために、葬儀社にご連絡しましょう。

先にご連絡してもいいのか不安になると思いますが、先に連絡しておくと亡くなってからの流れが明確に理解することができます。

はじめて喪主として葬式を行う方は、亡くなってからは何をすればいいのか、費用はどのぐらいなのか疑問点が数多くあると思います。

亡くなってから葬式まで短期間で進める必要があり、精神的にも辛い時にご自身で調べるだけでは限界があると思います。

そのため、葬式の専門家である葬儀社にご相談しておきましょう。

親族にご連絡

葬式の準備をするのと並行して、親族にご連絡をしておきましょう。

実際に葬式をすることが決まり次第、訃報を送る必要がありますので葬式の形式によっては友人や会社の関係者にもご連絡する必要があります。

しかし、危篤状態の場合では先に親族に状況をご連絡しておきましょう。

【まとめ】
・危篤状態だと分かり次第、葬式の準備をしても問題ない
・葬式の流れや今後の動きについては葬儀社に相談ことも可能。
・葬儀社以外にも親族に状況をご連絡しておく

危篤で葬式の準備をする際の注意点

危篤 葬式 準備 注意点

危篤で葬式の準備をする際の注意点を理解しておきましょう。

深呼吸などをしてなるべく慌てずに対応

先述した通り、危篤状態は基本的に回復の見込みがない状態です。

そのため、医師から伝えられた場合気が動転してしまいパニックになってしまうことも。

まずは深呼吸などをして少しでも落ち着き、慌てずに対応できる準備をしておきましょう。

焦らず病院に向かう

医師から連絡があれば急いで病院に向かいますが、慌ててしまうと交通事故などを起こしてしまうかもしれません。

気が動転している場合は車ではなくバス・タクシー・電車などを利用してみるのも一つの手です。

【まとめ】
・葬式の準備をする際は、まずは深呼吸などをして気持ちを落ち着かせることが重要
・焦って病院に向かってしまうと交通機関を起こしてしまう可能性もあるため注意が必要

記事全体のまとめ

本記事では、危篤で葬式の準備はした方がいいのか、やるべきことや注意点を解説していきました。

・危篤は基本的に回復の見込みがなく生命の危険がある状態
・危篤と医師から告げられたら葬式の準備をしても問題ない
・葬儀社に連絡をして葬式の準備を進めたり、親族に状況をご連絡する
・深呼吸などをして慌てずに対応できるようにする

医師から急に親族が危篤状態であることを告げられた場合、何をどうすればいいのか混乱状態になることが多いです。

焦らずに一度落ち着いてから病院に向かいましょう。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました