香典に2万円はダメ?適切な金額やマナーについてご紹介!

葬儀
病院から安置所への搬送を急がれている方へ
家族のご危篤や急なご逝去により、記事を読み込む時間がない無い方は、
下記感謝のお葬式へ電話でのご相談をおすすめします
0120-949-823

はじめて香典を包む際には、何円を包むのが適切なのか、新札を包んでもいいのか、などのマナーについて気になっている方も多いと思います。

数ある香典のマナーの中でも、お札を包む際に20,000円・40,000円・60,000円などの偶数の金額を包んでもいいのか理解しておくことが重要です。

知らずのうちに包んでしまい、マナー違反と思われたくないですよね?

また、香典に関しては金額以外にもマナーがありますので、特に初めて香典を準備する方は注意が必要です。

今回は、下記のような香典に関するマナーについて悩みや疑問がある方必見。

・香典で20,000円を包むのはマナー違反なのか知りたい
・香典に関するマナーを理解しておきたい

本記事では、香典に2万円はダメなのか、適切な金額やマナーについてご紹介していきます。

香典に2万円はダメなのか

香典 2万円

香典に20,000円を包んでいいのか、という疑問についてですが、基本的には避けましょう。

6,000円・20,000円・40,000円・60,000円などの偶数は、割り切れる数としてあまり縁起の良くない数字と言われています。

そのため、基本的に香典を包む場合は5,000円・10,000円・30,000円・50,000円などの奇数の金額を包みましょう。

地域によっては偶数でも問題ないこともありますが、基本的には偶数はマナー違反とされています。

そのため。偶数の金額ではなく、奇数の金額を包むことが望ましいです。

【まとめ】
・香典については基本的に20,000円・40,000円・60,000円などの偶数の金額はマナー違反のため、奇数の金額を包むことが望ましい
・10,000円・30,000円・50,000円などの金額を包む

香典で2万円以外のマナーについて

香典 2万円以外 マナー

香典に包む金額のマナーを理解していても、その他のマナーを知らずに包んでしまうとマナー違反と思われてしまうかもしれません。

香典のマナーについていくつか解説していきます。

新札は使わない

香典に包むお札についてですが、実は新札はマナー違反とされていますので、折り目がついているお札を包みましょう。

新札は「事前に不幸が起きることを予測して準備をした」という意味になってしまい、ご遺族から不信感をもたれてしまうかもしれません。

そのため、折り目がついているお札を利用しましょう。

お札の向き

お札の向きにも注意が必要で、中袋の表面には人物が見えないお札の裏側にして包み、表裏だけでなく上下も重要で、下向きになるようにしましょう。

香典を辞退している場合

香典を辞退している場合については、準備はしないようにしましょう。

香典を辞退しているにも関わらず準備をして渡してしまうと、かえってご遺族の方の負担になってしまいます。

【まとめ】
・香典では新札は「事前に準備をしていた」と思われてしまうため、折り目がついているお札を使用する
・お札の向きについては、中袋の表面には人物が見えないお札の裏側にして包み、表裏だけでなく下向きに入れる
・香典を辞退している場合は準備はしない

香典以外のマナーについて

香典以外 マナー

香典の金額や入れ方・包み方などのマナーについて解説していきました。

しかし、香典以外のマナーも理解しておかないと、いざ葬式・法事に参列する際に準備に困ります。

また、知らないうちにマナー違反をしてしまうと、香典のマナーを守っているにも関わらず勿体ないです。

そのため、香典以外のマナーについても覚えておきましょう。

本記事では、カラコン・ネイル・数珠について解説していきます。

カラコン

普段からカラコンをつけている方は、葬式や法事に参列する際には外した方がいいのか気になる方も多いと思います。

カラコンについては、基本的におしゃれと思われてしまう可能性が高いので葬式・法事には外して参列することが望ましいです。

また、家族葬などの場合は家族の方とお話をしてみてはいかがでしょうか。

ネイル

葬式や法事のネイルについてですが、基本的にネイルは落としましょう。

仕事などやむを得ない事情があり、事前につけて参列しないといけない場合があるかもしれません。

その際は、ナチュラルな色でおしゃれと思われないような種類をつけることが重要です。

派手な色やラメなどの光沢がある種類についてもマナー違反と思われてしまうことがありますので、事前に落としておきましょう。

ネイルだけでなく、ペディキュアについても基本的には落として参列することが望ましいです。

ネイルやペディキュアについてのマナーについては下記記事でご紹介しております。

数珠

葬式や法事では、持ち物や服装の色や種類に細かなマナーがあります。

そのため、数珠を準備する際にもマナーがあるのか気になる方も多いと思います。

実は、数珠の場合は色は天然石であれば基本的にどの色であっても問題ありません。

しかし、宗派によっては好まれる色もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、数珠の種類については本式数珠・略式数珠がありますが、宗派が分からない場合については基本的に略式数珠を持参しましょう。

数珠の準備をする際には、下記記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】
・カラコンは基本的におしゃれと思われてしまうため、外して参列する
・ネイルやペディキュアについては落として参列することが望ましいが、やむを得ない事情がある場合はナチュラルな色にしておしゃれと思われないようにする
・数珠は特に色の指定はないが、宗派によっては好まれる色があるため事前に確認する

記事全体のまとめ

本記事では、香典に2万円はダメなのか、適切な金額やマナーについてご紹介しました。

・香典は20,000円だとマナー違反と思われてしまうことがあるため、基本的には偶数の金額を包む
・金額以外にも新札は避ける、お札の向きなどのマナーがある
・香典以外のマナーとして、本記事ではカラコン・ネイル・数珠について解説

基本的に10,000円・30,000円などの偶数の金額を包みましょう。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました