法事にカラコンはダメなの?マナーや他の身だしなみについても解説!

葬儀

法事や葬式ではマナー違反と思われたくないと感じている方が多いと思います。

その中でも、普段からカラコンをつけている方は、葬式や法事などに参列する際にカラコンをつけたまま参列してもいいのか気になりませんか?

カラコンやネイルなどの身だしなみについて、マナーを知らずに参列してしまうとご遺族に不信感をもたれてしまうかもしれません。

また、ご遺族の方や喪主の方でも普段からカラコンをつけている方も、マナーについてしっかり理解しておくことが大事です。

今回は、下記のような法事のカラコンに関する悩みが不安を抱えている方必見。

・法事でカラコンをつけて参列してもいいのか気になる
・カラコン以外にも化粧やアクセサリーなどについてのマナーも理解しておきたい

本記事では、法事にカラコンはダメなのか、マナーや他の身だしなみについても解説!

法事にカラコンをつけていいのか

法事 カラコン 詳細

法事にカラコンをつけて参列してもいいのか、という疑問についてですが、基本的には法事や葬式ではカラコンは外して参列しましょう。

カラコンはおしゃれのためにつけるという認識の方が多いと思いますので、葬式の場では適していません。

カラフルな色やおしゃれなカラコンは外して参列しましょう。

また、仕事などやむを得ない事情がありどうしてもカラコンをつけて参列したい場合については、必ず黒色などでナチュラルな色にしましょう。

カラコンをつけていると思われないようにすることが重要です。

基本的にはカラコンは外して参列をしましょう
【まとめ】
・法事では基本的にカラコンを外して参列することが望ましい
・やむを得ない事情があり、どうしてもカラコンをつけて参列する場合はつけているのが分からないぐらいナチュラルな色にすることが大切

法事にカラコン以外のマナーについて

法事 カラコン以外 マナー

カラコンについてのマナーが守れたとしても、それ以外の身だしなみがマナー違反になってしまわないように、事前に理解しておくことが重要です。

本記事では、化粧・アクセサリー・ネイルのマナーについて解説していきます。

化粧

普段から化粧をしている方はマナーについて気になっている方も多いと思います。

葬式に参列した際には、片化粧をすることがマナーとされていますが、法事についても基本的には片化粧にしましょう。

法事であっても基本的に喪服を着用しますので、濃いメイクではなく薄化粧を意識することが重要です。

ベースメイクはマットな仕上がり、アイメイクは基本的には使わないことが多いですが、利用する場合は肌色に近い色、リップメイクについても注意が必要です。

また、カラーコンタクトやつけまつげなどは葬式・法事には適していませんので避けましょう。

片化粧の詳細については下記記事でご説明していますので、ぜひご覧ください。

アクセサリー

葬式の際にはアクセサリーを着用する場合、女性の洋装で葬式に適したネックレス・ピアスの種類であればつけることができたと思います。

葬式ではなく法事の場合はどのような種類が適切なのか気になると思いますが、基本的には葬式と同じマナーを守れば問題ありません。

ネックレス・ピアスのマナーについては下記記事に詳細を記載していますので、ぜひ読んでみてください。

また、男性の方はアクセサリーとしてネクタイピンをつけてもいいのか迷う方もいると思いますが、基本的に葬式・法事共に外して参列しましょう。

ネクタイピンを外して参列した方がいい理由については、下記記事で記載していますのでぜひご覧ください。

ネイル・ペディキュア

普段から化粧だけでなく、ネイルやペディキュアをつけている方も多いと思います。

ネイルやペディキュアのマナーについてですが、基本的につけずに参列することが望ましいです。

普段からつけている方は、法事の前に落としましょう。

また、仕事や事情がありどうしてもネイル・ペディキュアを落とせないことが事前に分かっている場合は、ナチュラルな色で目立たない色にしましょう。

また、落とすだけでなくネイルシートなどで隠すこともできますので、ぜひご検討してみてください。

ネイル・ペディキュアについては下記記事で詳しく解説しています。

【まとめ】
・法事でカラコン以外のマナーについて、本記事では化粧・アクセサリー・ネイルやペディキュアについて解説
・化粧については片化粧であれば問題ない
・アクセサリーは女性の洋装で、葬式に適しているネックレス・ピアスであれば法事でもつけることができる
・ネイルやペディキュアについては、基本的には落として参列することが望ましい

記事全体のまとめ

本記事では、法事にカラコンはダメなのか、マナーや他の身だしなみについても解説していきました。

・法事でカラコンは基本的につけずに参列する
・カラコン以外のマナーとして本記事では化粧・アクセサリー・ネイル・ペディキュアについて解説
・それぞれマナーがあるので事前に確認する

カラコンをつけて参列してしまうと、ご遺族の方に不信感をもたれてしまうかもしれません。

また、家族のみの場合については事前にカラコンをつけてもいいのか確認してみてください。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました