一周忌の服装は何を着ればいい?適切な種類や服装以外のマナーも解説

葬儀

一周忌の準備をする際に、初めて参列する方はマナーが気になると思います。

一周忌には細かなマナーがありますが、その中でも「どの服装で一周忌は参列するのが適切なのか」など服装についての悩みがありませんか?

また、服装以外にも香典や持ち物についても適切なマナーを理解しておくと、一周忌の準備をする際に慌てずに適切な種類を選定することができます。

下記のような一周忌の服装に関連する悩みを抱えている方必見。

・一周忌の服装は何を着ればマナー違反ではないのかをしっかり理解したい
・一周忌の服装以外のマナーも知りたい

本記事では、一周忌の服装は何を着ればいいのか、適切な種類や服装以外のマナーも解説していきます。

一周忌の服装について

一周忌 服装

一周忌の服装については、基本的に男性・女性共に喪服を着用して参列しましょう。

参列者の方は、私服は避けて、葬式に着用したブラックスーツ・ブラックフォーマルなどの準喪服であれば問題ありません。

服装以外にも細かなマナーはありますので、後ほどご紹介します。

学生の場合

一周忌に参列する学生の方は、どの服装が適切なのか不安に感じる方もいると思いますが、社会人の方と同様に葬式に参列した服装であれば問題ありません。

学校指定の制服があれば着用して、ない場合は黒色のジャケットや白ワイシャツ、黒色のスキニーなどを着用してなるべく葬式に適した服装を準備しましょう。

また、大学生については基本的に社会人と同じ喪服を着用して参列しましょう。

【一周忌の服装についてのまとめ】
・一周忌に参列する社会人の方は、基本的にブラックスーツ・ブラックフォーマルなどの喪服を着用して参列する
・学生の場合は学校指定の制服であれば問題ない、制服がない場合は葬式に適した服装を選ぶ

一周忌の服装の注意点

一周忌 服装 注意点

一周忌の服装を準備する際は、以下の注意点に気を付けましょう。

しわや汚れをしっかり取る

特に社会人の方は普段喪服を着用する機会がほとんどありませんので、喪服にしわがあったり汚れている可能性があります。

服装の種類だけでなく、しっかりしわや汚れを取って着用しましょう。

紺色・濃い茶色の種類も避ける

基本的に喪服はブラックスーツ・ブラックフォーマルなので黒色です。

「黒色に近い紺色や濃い茶色であれば問題ないかな?」と色について気になる方もいると思いますが、他の方が黒色だと黒に近い色であっても色の違いがはっきりと分かります。

そのため、黒色に近い色であっても避けることが望ましいです。

また、どうしても準備できない場合はお店でレンタルすることも可能ですので、近くのレンタルできるお店を探してみてはいかがでしょうか。

【一周忌の服装の注意点】
・喪服のしわや汚れは取り、綺麗にする。
・黒色に近い紺色などの色であっても、基本的には避けて黒色を選ぶ。
・もし一周忌までに喪服が準備できない場合は、レンタルできるお店を探す。

一周忌の服装の以外で注意が必要なマナーについて

一周忌 服装以外 注意 マナー

一周忌に参列する際、服装以外にもマナーがあります。

本記事では、靴下・髪色・アクセサリーについて解説していきます。

靴下

服装だけでなく、靴下にも注意が必要です。

色については黒色を選び、柄が入っていない無地、くるぶしより長いクルーソックスを選定する。

黒色以外や柄・デザインが入っている・光沢がある靴下は避けましょう。

また、女性の場合は靴下ではなくストッキングを履きますが、ストッキングについても黒色無地を選び、厚さについては一般的には20~30デニールを選定しましょう。

ただ、地域によっては20~30よりもデニール数が高い種類を履くこともありますので、事前に確認してみてください。

髪色

一周忌に参列する際、髪を染めたまま参列してもいいのか気になりませんか?

髪色については、基本的に地毛に染めて参列することが推奨されていますので、もし地毛以外の方はできる限り地毛の色に染めて参列しましょう。

染める方法はいくつかありますので、最適な種類を選びましょう。

髪色については下記記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

アクセサリー

ネックレスやピアスをつけて参列している方を見たことはありませんか?

女性で洋装の場合はピアス・ネックレスをつけて参列することができますが、それぞれ葬式に適した種類を選定する必要があります。

例えばネックレスであれば白色の真珠で7~8mm、一連で長すぎず短すぎない種類を選定することが重要です。

また、ピアスにもマナーがありますので、アクセサリーをつけて参列する方はぜひ下記記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【一周忌の服装の以外で注意が必要なマナーについてのまとめ】
・靴下については男性は黒色無地でクルーソックス、女性の場合は黒色無地で20~30デニールのストッキングを選ぶ、デニールについては地域によって異なるため事前に確認する
・髪色については、地毛の色に染めなおして参列することが望ましい。
・アクセサリーについてはピアス・ネックレスで女性の洋装であれば着用することができるが、それぞれにマナーがあるため注意が必要

まとめ

本記事では、一周忌の服装は何を着ればいいのか、適切な種類や服装以外のマナーも解説しました。

・一周忌の服装については、基本的に葬式で着用した準喪服であれば問題ない
・喪服のしわや汚れはしっかり取り、適切な色の種類を選定する
・服装以外にもマナーがあり、本記事では靴下・髪色・アクセサリーをご紹介

一周忌に参列する際は、服装以外にも様々なマナーがありますので、事前に確認してみてはいかがでしょうか。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました