葬儀の食事代はいくらが適正?相場や不参加の場合の注意点も解説!

葬儀

葬儀には様々な費用が発生するため、1回の葬儀で数十万~百万円以上になることも。

その中でも、意外と想定以上に費用が発生するのが食事代。

法事で食事をしない場合でも食事代の代わりになるものをお坊さんに渡す必要があり、お通夜後に食事を行う時は人数分用意する必要もあります。

お通夜を参列する方は食事の際に何か持って行った方がいいのか、喪主の方はどんな食べ物を用意すればいいのか気になりませんか?

下記のような葬儀の食事について疑問・不安に思っている方必見。

・お通夜に参列することが決まったので、お通夜などの後に食事をする場合は、何か持って行ったりマナーがあるか知りたい
・喪主として食事の費用を把握しておきたい
・食事を行わない場合どのようなことをすればいいのか気になる

本記事では、葬儀の食事代はいくらが適正なのか、相場や不参加の場合の注意点も解説します。

葬儀の食事代とは?

葬儀の食事代とは、葬儀や告別式などの際に参列者に提供される食事の費用を指します。

通常、喪主の方がお通夜の参列者やお坊さんに対して食事を提供するために、一定の費用を用意することが一般的です。

費用は地域や規模によって異なりますが、大体3,000円~5,000円が一般的です。

食事の料理について

喪主の方で会食を準備する際、「葬儀の場であるためお肉やお魚などは避けた方が良いのでは」と思いませんか?

本来お肉やお魚など生ものは葬儀の場として相応しくないため、会食では精進料理が一般的でした。

しかし、最近では精進料理ではなくお寿司やフルーツなど様々な料理が出されることが多くなりました。

特にお通夜後に行われる通夜振る舞いでは、何人参加されるのかが当日まで分からないため、様々な料理が入っているオードブルが人気です。

和食にこだわらず、サンドイッチなどの洋食も提供されることもあります。

しかし、人によっては葬儀の場では避けるべきものではないのか、と思う方もいますので、お肉・お魚を使った料理を提供する場合は必ず事前にご遺族に確認しましょう。

葬儀の食事代の代替えになるもの

基本的に食事を行う想定で食事代を用意しますが、お坊さんなど会食を不参加する場合があります。

その際は、食事代の代替えとして御膳料というものをお坊さんに渡す必要があります。

御膳料とは、会食をお坊さんが不参加する際に、おもてなしの代わりとして渡すお礼

最近では会食をはじめから行わないこともありますので、事前に御膳料を準備しておきましょう。

金額ですが、関係性や地域によって異なりますが5,000円~10,000円が相場です。

葬儀の食事代を渡す際の注意点

葬儀の食事代を渡す際には、いくつかの注意点があります。

金額の相談

お坊さんに渡す御膳料の金額ですが、適切な金額を包むことが重要です。

一般的な相場や地域の慣習に合わせて、遺族と相談して金額を選ぶことが良いでしょう。

渡し方の確認

葬儀の主催者やご遺族に確認して、食事代をどのように渡すかを確認してください。

地域や状況によって異なる場合もあります。

御膳料の渡すタイミング

御膳料を渡すタイミングですが、必ずいつ渡すといった決まりはありません。

ですが、葬儀後は慌ただしくなるため基本的に葬儀が始まる前に渡すと確実です。

葬儀の食事代に関連する注意事項

喪主としてお坊さんに渡す御膳料について解説しましたが、葬儀を参加する参列者も会食についての注意事項もご紹介します。

参列の可否

「お通夜に参加したら必ず会食なども参加しなければいけないのか」と思いませんか?

お通夜の後に行われる会食を通夜振る舞いといい、大体1,2時間程度行います。

通夜振る舞いのお誘いがあった場合、参加できる状況であれば参加することが望ましいです。

しかし、遠出やお通夜後にやむを得ない事情があり参加できない場合は断りましょう。

必ず参加しないといけないわけではありませんので、不参加の場合は必ず理由を言い丁寧に断りましょう。

まとめ

この記事では、葬儀の食事代について、適正な金額や相場、不参加の場合の注意点などについて解説しました。

・葬儀の食事代とは、葬儀や告別式などの際に参列者に提供される食事の費用を指します
・葬儀における会食では、基本的にお肉やお魚などの生ものを使用しない精進料理が一般的ですが、現在はお寿司や揚げ物など様々な料理が提供されることが多いです。
・お坊さんが葬儀の会食に参加しない場合は、御膳料としてお坊さんにお礼を渡す
・お通夜後にある通夜振る舞いは、必ず参加する必要はありませんので、やむを得ない事情がある場合は丁寧に断る

喪主の方も参列者も、会食は何をすればいいのか、どのような食べ物を提供すればいいのか様々な悩みがあるかと思います。

ぜひ必ず事前に確認して、適切な会食を行いましょう。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました