葬儀で子供の服装は何が適切?喪服以外の種類や選ぶ際の注意点もご紹介!

葬儀

子供と一緒に葬儀に参加する際に、まずどのような服装が適切なのか迷うかと思います。

大人の服装は基本的に喪服を着用しますが、子供は制服で葬儀に参加しても問題ないのか気になりませんか?

また、服装だけでなく持ち物や参加する際のマナーなどを知り、失礼のないように葬儀に参加したいと多くの方が感じています。

葬儀に参加する時の子供の服装やマナーを知りたい方必見。

本記事では、葬儀で着る子供の服装は何が適切なのか、喪服以外の種類や選ぶ際の注意点もご紹介します。

葬儀で着る子供の服装は何を着用すればいいか

葬儀 子供 服装

大人は基本的に喪服を着用することがマナーですが、葬儀参列時に着る子供の服装は適切な選択が求められます。

喪服以外の選択肢や選ぶ際の注意点について、以下でご紹介いたします。

高校生・中学生・小学生

高校生や中学生、小学生の子供たちにとって、葬儀での服装は慎重に選ぶ必要があります。

まず第一に、学生指定の制服があれば制服を着用しましょう。

基本的に学生の場合は、制服を着用していれば問題ありません。

制服がない場合は、基本的に黒やグレーなどの控えめな配色のズボン・スカートを着用しましょう。

寒い時期に行う場合は、ジャケットなども着用すると思いますがこちらも必ず控えめな色を選定しましょう。

また、靴については基本的に服装同様控えめな色の革靴が理想です。

しかし、革靴を用意できない場合は色味は変えずにスニーカーなどでも問題ありません。種類が変わっても必ず黒色などの控えめな色にしましょう。

小学生以下

小学生以下の子供たちの場合は基本的に制服がありませんので、葬儀での服装はシンプルかつ控えめなものが適しています。

年齢問わず、必ず男女ともに黒色などの服を選びましょう。

葬儀で子供の服装はどこで買えばいいのか

葬儀 子供 服装

制服がない場合は、学生だと私服で参加することもありますがどこで購入すればいいのか迷いませんか?

おすすめの購入方法を2つご紹介します。

近くのアパレルショップで購入

葬儀の場合、基本的に訃報が届いてから葬儀までの時間が短いため、近くにあるアパレルブランドで購入する人が多いです。

子供は急激に成長するため、葬儀のたびにサイズが合わなくて購入する方もいます。

インターネットで購入

近くにアパレルショップがない場合は、インターネットで購入することをおすすめします。

しかし、必ず葬儀を行う日に届くよう早めに購入する必要があります。

また、インターネットで購入する場合は実際に着用してサイズが合っているか分からない点も注意が必要です。

葬儀で子供の服装を選ぶ際のポイント

葬儀 子供 服装 ポイント

子供の葬儀で服装を選ぶ際には、以下のポイントがあります。

服装は控えめな色を選定する

葬儀では一般的に年齢問わず服装は全て黒色などの控えめな色を選定します。

学生指定の制服であっても、赤色やオレンジなど明るい色が入っている場合は着用せず、黒色などをベースに服装を選定することが重要です。

明るい色や派手な柄は避けましょう。

適切な服のサイズを選ぶ

子供の成長に合わせて、適切なサイズの服を選びましょう。

学生の場合は制服があれば問題ありませんが、私服を着用する場合は、服がきつすぎたりゆるすぎたりすると不快に感じる可能性があります。

葬儀で子供の服装以外の身だしなみ

葬儀 子供 服装 身だしなみ

葬儀に参列する子供にとって、服装だけでなく身だしなみも重要です。

以下は身だしなみに関するポイントです。

髪型とメイク

髪型については、大人と同じ清潔で整えられていることが望ましいです。

また、メイクについてですが基本的にしない方が適切です。

持ち物

親と葬儀に参加する場合は、持ち物はあまり必要ありませんが念のためいくつか持っておいた方が良い物がありますので3つご紹介します。

スマホ・携帯電話

急な連絡など万が一のことを考え、スマホ・携帯電話は基本的には持ちましょう。

ただし、大きいタブレットはPCなどは持って行かないようにすることが重要です。

折り畳み傘

晴れていても急に雨が降ることがありますので、折り畳み傘はなるべく持参します。

折り畳み傘の色ですが、服装と同じ黒色などの控えめな色を選択して、赤色や緑色などの派手な色は避けましょう。

バッグ

スマホ・携帯電話についてはバッグを持って行かなくても持参することができますが、折り畳み傘などはバッグの中にしまいましょう。

小さめの黒いバッグを選定して、葬儀の雰囲気に合ったものを持って行くことが大切です。

その他にもハンカチやマスクなど、必要だと思うものを準備しましょう。

ただし、暇な時間がありそうだからといってゲームなどを持って行くのはやめましょう。

葬儀で子供の服装以外を選定する際の注意点

葬儀 子供 服装以外 注意点

葬儀参列時に着る子供の服装を選ぶ際には、以下の注意点に留意してください。

地域や宗派を事前に確認する

地域や宗教によっても服装・持ち物の慣習は異なります。

葬儀が行われる地域や宗派を事前に確認して、それに合った服装や持ち物を選ぶようにしましょう。

派手は色の持ち物は避ける

服装だけでなく、持ち物についても赤色・青・緑などの明るい色は避ける必要があります。

必ず葬儀の雰囲気を乱さない黒や紺などの色を選びましょう。

香典は学生は持って行く必要はあまりない

葬儀の持ち物について調べている人は、「香典も葬儀に持って行くべきじゃないの?」と思うかもしれません。

基本的に社会人の場合は、香典を持参するのがマナーですが学生の場合はあまり持って行きません。

親と葬儀に参加する場合は、親が香典を準備していれば問題ありません。

まとめ

 

今回は、葬儀で着る子供の服装は何が適切なのか、喪服以外の種類や選ぶ際の注意点もご紹介しました。

・高校生・中学生・小学生の場合は、学校指定の制服があれば着用。制服がない場合は黒などの控えめな色をベースとした服装を選ぶ
・小学生以下の場合は、基本的に制服がないため控えめな色の服装を着用
・購入方法は近くのアパレルショップかインターネットで購入する。サイズが合わなかったり間に合わないことがないように早めに購入する必要がある
・持ち物はスマホや携帯電話、折り畳み傘、バッグなどがある。
・地域や宗派を事前に確認して、派手な色のものは持って行かないようにしましょう。

大人とは違い、子供の場合は服装が決まっていないためどれにすれば適切なのか迷う方も多いです。
葬儀の雰囲気を乱さないよう、適切な服装を選定しましょう。

本ページからの電話問い合わせ限定

最大5万円割引

タイトルとURLをコピーしました